【2】チューニングしてみよう!【ウクレレ編】

ウクレレを持ったら、まずはチューニングをしましょう!

チューニングとは、それぞれの弦の音を、決められた高さにそろえてあげることです。

ウクレレを持ちましたか?

ウクレレを持ったとき、弦は下から1弦、2弦、3弦、、、と数えます。

1弦が1番細く、4弦、2弦、3弦の順に太くなっていきます。

ギターやベースは通常、1番上の6弦が1番太いです。

ウクレレの場合は1番上の4弦が2番目に細く、3弦が1番太いです。

ギターやベースからウクレレを始めた方は、しばらくこのチューニングになれないかもしれません。

4弦 ・・・ G

3弦 ・・・ C

2弦 ・・・ E

1弦 ・・・ A

4弦から順番に書くと、上のようなチューニングにします。

このようなチューニングを「ハイGチューニング」と言います。

音名で書くと、「ソ、ド、ミ、ラ」です。

覚えやすい方で覚えてくださいね。

ちなみに、ギターと同じように1番上に1番太い弦を張るチューニングの種類もあります。

この場合は、1オクターブ低いG(ソ)の弦を張ります。

それでは4弦から順番にチューニングしていきましょう!

チューニングは、音叉を使う方法もありますが、

今回はチューナーを使ってチューニングしていきます。

※チューナーは、こだわって良いものを買うべきだと私は思います。

プロを目指している方は特にそうです。

チューニングはとにかく早く正確にしなければなりません。

反応が遅いチューナーだと、すばやく対応できません。

プロを目指していない方も、チューニングにかかる時間を少しでも短くして、短縮できた時間を練習に回せた方がいいですよね。

チューニングに時間をかけるのは、非常に時間の無駄です。

皆様ぜひ、反応が良く、使いやすいチューナーを買うことをオススメします。

弦がしまる方向にペグを回すと、音は高くなり、

弦がゆるくなる方向にペグを回すと、音は低くなります。

だいたいどのチューナーも、真ん中にメーターか針が来たらOKです。

ピッタリになったら色が変わるモノがオススメです。

音が高すぎるなら、弦をゆるめる方向にペグを回し、

音が低すぎるなら、弦をしめる方向にペグを回します。

チューニングのコツですが、音を高くする方向にペグを回してピッタリに合わせるのが良いです。

音を低くする方向にペグを回したときよりも早くチューニングできます。

音が高すぎた場合、一度目標の音よりも低くしてから、弦をしめる方向にペグを回して目標の音に合わせましょう。

チューニングできたら、さっそくウクレレを弾いてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました