【5】人差し指で弾いてみよう!~正しいフォームを覚えよう!~【ウクレレ編】

前回に引き続き、ウクレレの正しい弾き方・フォームを確認しましょう!

今回は人差し指で弾くフォームを覚えていきましょう! 

人差し指で弾く場合は、まずこのように右手を鉄砲の形にします。

ウクレレ コード 右手 ストローク アップストローク ダウンストローク 奏法

人差し指以外の指は軽くにぎるようにします。

人差し指は、だいたい120度~150度くらいの角度です。

人差し指も力を入れすぎてはいけません。

ウクレレ コード 右手 ストローク アップストローク ダウンストローク 奏法

親指で弾くときと同様に、12フレット~15フレットのあたりを弾きます。

人差し指の先の側面を弦に当てます。

ウクレレ コード 右手 ストローク アップストローク ダウンストローク 奏法

人差し指を使うこの弾き方は、コードを弾くときに使います。

このような弾き方を、ストロークと言います。

上から下に振り下ろすとき、ダウンストロークと言います。

手首を中心に右手を回転させるイメージです。

よく「ドアノブを回す動きをイメージしましょう」と言われます。

人差し指側面の下側の先が軽くこすれるくらい弦に当てます。

ウクレレ コード 右手 ストローク アップストローク ダウンストローク 奏法

下から上に振り上げるとき、アップストロークと言います。

人差し指側面の上側の先が軽くこすれるくらいです。

ウクレレ コード 右手 ストローク アップストローク ダウンストローク 奏法

手のひらが少し見えるくらいまで手首を回転させます。

ウクレレ コード 右手 ストローク アップストローク ダウンストローク 奏法

とにかく手首も指も力を抜きましょう!

正しいフォームを覚えたら、さっそくコードを弾いていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました