【13】右手のテクニックを覚えよう!~ブラッシング~【ウクレレ編】

今回は、「ブラッシング」について解説していきます。

ブラッシングは、ミュートしている状態でストロークする弾き方です。

ミュートとは、右手か左手で軽く弦にふれて音が鳴らないようにすることです。

ブラッシングをすると、「チャッ」という音になります。

ブラッシングするときのミュートは、右手、左手どちらも方法があります。

まずは右手でのブラッシングを解説します。

右手でのブラッシングは、ダウンストロークした直後に、右手の手刀の部分ですべての弦をミュートします。

かなりむずかしいと思います。

なかなか「チャッ」という音にならないと思います。

ストロークしたあと、すべての弦をミュートするタイミングが最初はわからないと思います。

「チャッ」となる良いタイミングを見つけられるまで練習しましょう!

ウクレレ コード 右手 ブラッシング 奏法
ウクレレ コード 右手 ブラッシング 奏法
ウクレレ コード 右手 ブラッシング 奏法



次は左手でのブラッシングを解説します。

左手でミュートしている状態で、右手は普通にストロークします。

バレーコードをおさえるように、左手の人差し指で1弦から4弦までおさえます。

このとき、しっかりおさえているのではなく、軽くふれている状態にします。

この状態で、ストロークするだけです。

右手でのブラッシングよりも簡単だと思います。

ウクレレ コード 右手 ブラッシング 奏法

バレーコードを弾いている途中でブラッシングする場合は、左手の人差し指でミュートします。

ウクレレ コード 右手 ブラッシング 奏法
ウクレレ コード 右手 ブラッシング 奏法

バレーコード以外を弾いている場合は、直前まで弾いていた指と、それ以外の指を使ってミュートします。

例えばC7を弾いていた場合、弾いていた人差し指は軽く浮かせて、開放弦は薬指でミュートします。

次回はアルペジオを解説していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました