【9】コードを覚えよう!その4~バレーコード編その1(B、Bm、Cm、B7)~【ウクレレ編】

前回まででたくさんコードを弾けるようになりましたね!

今回は「バレーコード」を覚えていきましょう!

ウクレレ コード B Bコード Bメジャー バレーコード

「ビーメジャーコード」という名前です。

「ビーメジャー」、「ビー」と言われます。

人差し指で1弦2フレットと2弦2フレット、中指で3弦3フレット、薬指で4弦4フレットをおさえます。

ウクレレ コード B Bコード Bメジャー バレーコード
ウクレレ コード B Bコード Bメジャー バレーコード

人差し指で1弦と2弦をおさえていますね。

このように、1本の指で複数の弦を同時におさえることを、「バレー」または「セーハ」と言います。

この「バレー」を使って弾くコードを、「バレーコード」と言います。

バレーコードは、基本になる指の形を覚えてしまえば、それをずらすだけでコードを変えられます。

基本になる指の形やずらし方は、次回詳しく解説します。

これまでは、なるべく指を立てて弾きましょうと言ってきましたが、

バレーコードの場合は人差し指をべったり寝かせます。

親指と人差し指でネックをハサむイメージだとしっかりおさえられます。

人差し指で1弦から4弦までおさえる弾き方もあります。

ウクレレ コード B Bコード Bメジャー バレーコード
ウクレレ コード B Bコード Bメジャー バレーコード

弾きやすい方で弾きましょう!

Bm

ウクレレ コード Bm Bmコード Bマイナー バレーコード

「ビーマイナーコード」という名前です。

「ビーマイナー」と言われます。

人差し指で1弦から4弦の2フレット、薬指で4弦4フレットをおさえます。

ウクレレ コード Bm Bmコード Bマイナー バレーコード
ウクレレ コード Bm Bmコード Bマイナー バレーコード

人差し指は1弦から3弦までではなく、4弦までおさえるようにしましょう!

1弦から4弦までおさえるのはむずかしいかもしれませんが、弾けるとかなり便利です。

Cm

ウクレレ コード Cm Cmコード Cマイナー バレーコード

「シーマイナーコード」という名前です。

「シーマイナー」と言われます。

人差し指で1弦から3弦の3フレットをおさえます。

ウクレレ コード Cm Cmコード Cマイナー バレーコード
ウクレレ コード Cm Cmコード Cマイナー バレーコード

人差し指で3弦、中指で2弦、薬指で1弦をおさえて弾いても良いでしょう。 

ウクレレ コード Cm Cmコード Cマイナー バレーコード
ウクレレ コード Cm Cmコード Cマイナー バレーコード

B7

ウクレレ コード B B7コード Bセブンス バレーコード

「ビーセブンスコード」という名前です。

「ビーセブンス」と言われます。

人差し指で1弦から4弦の2フレット、中指で3弦3フレットをおさえます。

Bの1弦から4弦までを人差し指でおさえていた場合、4弦4フレットをはなしたらB7になります。

ウクレレ コード B B7thコード B7th Bセブンス バレーコード
ウクレレ コード B B7thコード B7th Bセブンス バレーコード

今回で、メジャーコード、マイナーコード、セブンスコードが一通り弾けるようになりました。

次回は、バレーコードの基本の形を覚えていきましょう! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました