【14】右手のテクニックを覚えよう!~アルペジオ~【ウクレレ編】

今回は、「アルペジオ」について解説していきます。

アルペジオは、コードを1音ずつ鳴らす弾き方です。

これまでコードと言えば、右手の人差し指で一気にストロークして、「ジャラ~ン」と鳴らしてきましたね。

アルペジオは、右手の人差し指だけでなく、親指や中指を使って弾きます。

左手は、ストロークするときと同じようにおさえます。

アルペジオを弾くからといって左手のおさえ方は変えません。

いつものように、しっかり指を立てておさえましょう!

今回もCコードで練習していきましょう!

まず、4弦に親指、3弦に人差し指、2弦に中指、1弦に薬指をそえてください。

ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法

自分から見て、まっすぐに並んでいるようにそえてください。

ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法

このとき、小指を軽くボディに当てておいても良いでしょう。

個人差がありますが、小指を当てておいた方が安定する場合があります。

ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法

親指は下方向に、それ以外の指は上方向に動かします。

勢いよく指を動かすのではなく、そえた指で弦を押すイメージで指を動かしてください。

ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法
ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法
ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法
ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法

※下のように、横方向に引っかけるように弾いてはいけません。

ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法
ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法

※下のように、上方向に弦を押すイメージで弾きましょう!

ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法
ウクレレ コード 右手 アルペジオ 奏法


最初は親指、人差し指、中指、薬指の順に弾いていきましょう!

慣れてきたら、親指、人差し指、中指、薬指、中指、人差し指の順に弾いてみましょう!

きれいに音が鳴っていますか?

きれいに音が鳴っているなら、繰り返し往復して弾きましょう!

色んなコードで弾いてみましょう!

次回は、バトキン奏法について解説していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました