【22】拍子とは【基礎編】

基準となる音の長さを、「拍」と言います。

「拍」を2つ以上集めたまとまりのことを、「拍子」と言います。

心臓の音(心拍)や、脈拍を想像してみるとわかりやすいかもしれません。

鳴っている音が「拍」、その音を何個かおきに区切ったまとまりが「拍子」です。

「拍」は、「一定の間隔で鳴っている音」とも言えます。

また、「拍子」は拍のまとまりの中で、強い拍と弱い拍を作ります。

例えば、「手拍子を3回おきに区切りながら打ってください」と言われたら、

ほとんどの方は1、4、7、10、13、、、回目を強く打って、3回ずつに区切っていることを強調するだろうと思います。

これが「拍子」です。

「拍」を何個かおきに区切って、そのまとまりの中で強弱をつけてくれる「拍子」のおかげで、

私たちは曲のリズムを感じたり、楽譜を書くことができます。

次回は、拍子の種類を解説していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました