【6】音程とは~長短系~【基礎編】

前回は「完全系」について学びました。

今回は「長短系」について学びましょう。

前回学んだ完全系は、1度、4度、5度、8度でしたね。

それ以外の2度、3度、6度、7度を「長短系」と言います。

まずは「2度」のときに注目してみましょう。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

上段が五線譜、下段がTab譜です。

同じ度数の中に、「長」と「短」が混ざっていますね。

ある法則にしたがって「長」や「短」をつけています。

この法則は、以前学んだ「全音と半音」で説明できます。

f:id:ryu_mcg:20190604205100p:plain

「ミ」と「ファ」、「シ」と「ド」は半音の関係でしたね。

ギターだと、ひとつとなりのフレットですね。

それでは「2度」にもう一度注目してみましょう。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

「ミ」と「ファ」、「シ」と「ド」のとき、「短2度」になっていますね。

Tab譜だと、「短2度」のときだけひとつとなりのフレットですね。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

こちらは3度です。

「レ」と「ファ」、「ミ」と「ソ」、「ラ」と「ド」、「シ」と「レ」のとき、「短3度」です。

Tab譜だと、「短3度」のときだけ3つとなりのフレットですね。

ここまででなんとなく「長」と「短」をつける法則が分かった人もいると思います。

「長」と「短」どちらをつけるかは、「全音と半音の数」で決まります。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

こちらは6度です。

半音だけあがる「ミ」と「ファ」、「シ」と「ド」を同時に含むとき、

言いかえると半音が2個のとき、「短6度」になっていますね。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

こちらは7度です。

6度と同じく、半音が2個のとき、「短7度」になっています。

2度、3度のときは、半音の関係である「ミとファ」か「シとド」のどちらかひとつを含んでいるとき、つまり半音が1個のとき「短」になります。

6度、7度のときは、半音の関係である「ミとファ」と「シとド」の両方を含んでいるとき、つまり半音が2個のとき「短」になります。

ここまで理解できたら、次は「増」と「減」がつく場合です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました