【6】コードを覚えよう!その1~よく使うコード編(C、A、E)~【アコースティックギター編】

正しいフォームを覚えられたら、弾けるコードをどんどん増やしていきましょう!

まずは「よく使うコード編」です!

「よく使うコード編」では、最低限覚えるべきコード10個を解説しています。

「よく使うコード編」のコードが全部弾けるようになったら、だいたいの曲は弾けるようになります。

頑張ってマスターしましょう!

ギター コード C Cコード Cメジャー

「シーメジャーコード」という名前です。

「シーメジャー」とか、単純に「シー」と言われることが多いです。

メジャーコードは、明るい雰囲気を持つコードです。

人差し指で2弦1フレット、中指で4弦2フレット、薬指で5弦3フレットをおさえてください。

ギター コード C Cコード Cメジャー
ギター コード C Cコード Cメジャー

6弦が鳴らないように注意しましょう!

手が大きい人は、私と同じように親指で6弦に軽くふれておきましょう!

※指でおさえずに弾く弦がありますね。

 楽譜では0フレットになっています。

 これを「開放弦」と言います。

 「開放弦を鳴らしてください」は、「何もおさえずに弾いてください」という意味です。

Am

ギター コード Am Amコード Aマイナー

「m」がついていますね。

「エーマイナーコード」という名前です。

「エーマイナー」と言われます。

マイナーコードは、暗い雰囲気を持つコードです。

Cの薬指を、5弦3フレットから3弦2フレットに移動させるだけです。

ギター コード Am Amコード Aマイナー
ギター コード Am Amコード Aマイナー

6弦が鳴らないように注意しましょう!

ギター コード A Aコード Aメジャー

先ほどのAmのメジャー系です。

「エーメジャーコード」という名前です。

「エーメジャー」、「エー」と言われます。

Amの2弦の音をひとつずらすだけです。

人差し指で4弦2フレット、中指3弦2フレット、薬指で2弦2フレットをおさえてください。

ギター コード A Aコード Aメジャー
ギター コード A Aコード Aメジャー

全部同じフレットなので、最初はおさえにくいかもしれません。

なるべく指を立てるように意識すると良いでしょう。

6弦が鳴らないように注意しましょう!

ギター コード E Eコード Eメジャー

「イーメジャーコード」という名前です。

「イーメジャー」、「イー」と言われます。

人差し指で3弦1フレット、中指5弦2フレット、薬指で4弦2フレットをおさえてください。

Amをひとつ上にあげただけですね。

ギター コード E Eコード Eメジャー
ギター コード E Eコード Eメジャー

Aメジャーコードまでは、6弦を鳴らさないようにしてきましたが、

6弦にも〇がついているので、6弦の音を出しても大丈夫です。

Em

ギター コード Em Emコード Eマイナー

「イーマイナーコード」という名前です。

「イーマイナー」と言われます。

Eの3弦1フレットの指をはなすだけです。

ギター コード Em Emコード Eマイナー
ギター コード Em Emコード Eマイナー

最初はなかなかきれいな音が鳴らないと思います。

指も痛くなってくると思います。

自分のペースで練習していきましょう!

ここまでのコードのおさえ方を覚えたら次に進みましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました