【13】コードを覚えよう!その7~sus4(サスフォー)とは~【アコースティックギター編】

sus4は、「suspended fourth」の略です。

「suspended」には、「繋留音(けいりゅうおん)の」という意味があります。

左が「Cメジャー」、右が「Csus4(サスフォー)」です。

弾き比べてみましょう。

「ドレミファソラシドを弾いてみよう!」の3つ目の弾き方を思い出してください。

sus4とは、メジャーコードの3度の音を4度の音にしたコードです。

Csusの場合、「ドレミファソラシド」の3度の音である「ミ」を、4度の音である「ファ」に変えるだけです。

Cメジャーの2弦5フレットを6フレットに変えればCsus4になります。

sus4は、このままでは終われないような響きですね。

sus4のあとでメジャーコードを弾くと落ち着く感じになります。

コード理論では、これを「解決」と言います。

sus4にはこのような特性があるため、「繋留和音」と言われています。

また、4度の音のことを「繋留音」と言います。

Csus4は他にもこのようなおさえ方があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました